風水で重宝される観葉植物

観葉植物を玄関に置くことは風水でも良い影響を与えるとされます。風水ではエネルギーの流れである気を良い気と悪い気に分けており、良い気をできるだけ多く家の中に入れて悪い気を追い出すことが目的です。

玄関は気の出入りが多い場所として、要となるポイントです。


金運を上昇させる観葉植物は、ガジュマルです。

幸福をもたらす精霊が宿っていると考えられています。

成長すると幹の途中から気根を出してユニークな形になり、多幸の気とも呼ばれます。

明るい日陰に置くと枯れにくいです。

またスパティフィラムの垂れ下がった葉の様子は、稲穂をイメージさせるので金運を上げます。

耐陰性があるので暗めの日陰でも問題ありません。

明るい日陰では1年中可愛らしい花を咲かせますが、直射日光は葉焼けを引き起こすので注意します。

また人間関係を円滑にする観葉植物の多くが、葉の形が丸いです。

オーガスタは大きな葉が悪い気を追い払って、運気を上げるといわれます。葉の形はバナナに似ており、南国の雰囲気を演出できます。

造花のリース情報を簡単に請求できます。

日陰では茎が弱って新芽が育たないので、日当たりの良い場所で育てます。



ベンジャミンには融通のきく仲間という花言葉があります。

心が快活になって人気者になる効果があり、原産地であるインドやネパールでは「聖木」として扱われています。
爽やかなライトグリーンの葉が生命力の強さを示しているので、葉が落ちやすい暗い場所より明るい日陰で育てた方が輝きが増します。